弁護士へ交通事故相談

交通事故で後遺障害となった被害者からみて、保険会社との示談は、初めてのことがほとんどのはずです。表示された示談金が、普段は手にする機会のない金額であったときに、お金を手にしたいため、示談書や免責証書に署名押印する人もいるようです。しかし、署名押印する前に、弁護士と相談をして金額を確かめてもらうことをおすすめします。場合によっては、表示された示談金の2倍以上になることもあります。署名押印してしまったら、その後解約することはできません。そのため、必ず弁護士に照らし合わせてもらって下さい。

当サイトでは、交通事故被害による後遺症の弁護士相談について紹介しています。現に、署名押印をしようとしていた示談書や免責証書の金額は、妥当な金額よりも足りていないことが多いため、弁護士に要請して保険会社と協議することで、妥当な補償額を受け取れた実例もあります。

中には、弁護士に頼むとかなりの費用がかかると考え、弁護士に依頼することを躊躇する人もいます。しかし、弁護士に頼んだ際の費用が妥当な金額と提示された補償額の差より少なければ、手にする金額はプラスされます。後遺障害となった事故に対しては、着手金無料の示談交渉を行う法律事務所も多いでしょう。弁護士が仲介することで、補償額がかなり変わるため、まず弁護士と相談すると良いでしょう。弁護士は法律のプロであり、交通事故の被害の対応の専門知識も高いため、その中でも信頼できる弁護士を探しましょう。

About 運営者